帯広にて3台調整しました。

「井関楽器帯広店」の手前よりディアパソン(DR300)、ヤマハ(G2B)、ペトロフ(P-IV)、を調整しました。宜しければご試弾ください。

このディアパソンは鍵盤重めで(悪い意味ではありません)力強いタッチを使用し、かつ軽々弾けてしまう人、調律後、短期間で音色が硬質に変わってしまうことを嫌うお客様、などに良いかも。もちろん初心者でも大丈夫です。

逆にこのペトロフは鍵盤軽めで、ソフトな曲をまったり弾かれる方や、ストレスなく早い曲を軽やかに弾きたい人、軽めの鍵盤を好む方などに。

このヤマハは、その中間くらい。多くのヤマハの中では少しだけ重めかも。

音色の違いはそれぞれお好みで。鍵盤重量は3台とも許容範囲なのでご心配なく。とても弾きやすく調整しました。お近くの方は是非それぞれの個性をご体験ください。

(2018/03/04)

«   »